Author Archives: Admin

セブ島留学での語学学校の選び方とは

セブ島はフィリピンの丁度真ん中にある島で、観光で人気のあるリゾート地として広く知られています。
美しい海と温暖な気候、開放的な雰囲気で日常を離れてゆっくりとくつろぐことが出来る場所です。
日本から約4時間半で渡航が可能で、時差はセブ島の方が1時間ほど遅いだけなのでほぼ時差ボケの心配がありません。
アメリカが植民地として支配していたと言う経緯があることから英語が公用語となり、観光で訪れてもタクシーの運転手やレストランスタッフなど多くの人が英語での会話が出来ます。
また幼い子供までも英語を話すことが出来るので、広く公用語として浸透していると言うことが分かります。
このようにリゾート観光地として多くの人が訪れるセブ島ですが、近年、語学留学の場として人気があります。
その理由の一つとして、他の国と比較すると留学費用が安いと言う点が挙げられます。
やはり留学の際は、入学金や授業料・宿泊費や生活費などかなりの金額を必要とします。
そのため留学を検討している学生を持つ親にとっては、費用の面では頭を悩ませることも少なくありません。
しかしセブ島留学であれば、欧米などへ留学するよりも距離が近いと言う点から、はるかに渡航費を安く抑えることが出来ます。
さらに物価においても基本的に日本よりも安い物が多く、食品の購入やレストランでの食事も日本より安く済ませることが出来ます。
そのため、セブ島留学を考えている場合はホームステイを利用して宿泊費を安く抑えることにより、約35万円程度準備しておけば1カ月間の語学学校への留学が可能であると言えます。
またフィリピンは学校数も比較的多く、教師のレベルも上がっています。
学校のタイプも様々で、スパルタであっても資格取得や語学が確実に身に着くことで定評のある学校や、ゆったりと自分のペースで勉強することが出来るリゾートタイプの学校などがあります。
さらに日本人が常駐していてあらゆる面でサポートをしてくれる学校や、古くから歴史があり英語専門学校として運営している学校などもあります。
一口に語学留学と言っても、資格取得をしたいとかとにかく英語が話せるようになりたいなど目的は人それぞれです。
そこで、自分の最終的な目標を掲げながら、どのように学びたいのかと言うことを念頭に置き、自分にあった選び方をおすすめします。
このように語学学校が充実しているフィリピンですが、実は授業数が多いと言う特徴もあります。
他の諸外国と比較して言うことになりますが、授業数はもちろんのことマンツーマンで教えてくれる時間も多いと言えます。
諸外国では、マンツーマンレッスンを受ける場合は別途費用が必要になることもありますが、フィリピンではすでに料金が含まれており、クラスも少人数制を採用しているので教師の目が良く行き届きます。
リスニングやスピーキングと言った英語力を上げるには、生の英語に触れて自らが話す機会を多く持つことが大切です。
そのことからも、やはりマンツーマンレッスンの時間が多いと言うことはとても魅力的です。
さらに、ビザの申請も簡単に出来ます。
事前にフィリピン大使館にビザの申請をする必要がなく、入国審査の際に滞在が30日間の観光ビザを無料で取得するだけです。
また、もし1カ月以上の留学を考えているのであれば、新しいビザを再取得するだけです。
このように渡航前の手続きが省けると言う点も、セブ島留学のメリットであると言えます。
このように1カ月程度の留学であれば、セブ島は最も無駄が少なくコストパフォーマンスが良い留学先です。
憧れの地で語学を学びながらも、休日は海でマリンスポーツや自然を満喫したり、観光スポットを訪れるなど様々な楽しみがあります。

次ページへ »