Category Archives: 未分類

親子にもおすすめのセブ島留学に行ってみよう

近年では、フィリピン留学のなかでもセブ島留学に注目が集まっています。
日本からもっとも近い英語圏で、なおかつ物価が安く、滞在費があまりかからないからです。
この流れをうけて、親子留学も人気になっています。
親子留学は、通常のジュニア留学とは違います。
ジュニア留学だと子どもだけがホームステイしたり、語学学校で勉強します。
その間、親は日本で待っているという形になります。
もしくは、一緒にフィリピンに行って子どもだけが学校に通うスタイルなどもあります。
以前まではこのスタイルはありましたが、親子留学というのがでてきたのは比較的最近です。
この方法は、子どもが勉強している間、親も専用に用意されたコースで学習するスタイルを取ります。
母親だけ、父親だけが参加することもあれば、家族ぐるみで参加する家族もいます。
大抵は、夏休みなどの長期休暇を観光がてらセブ島留学にあてるようです。
こうすれば日本での学校や仕事にも支障が出ませんし、海外旅行も兼ねて勉強することができます。
小学生以下の子どもの場合には、託児所のように預かってくれる施設もあるので、下の子がまだ小さいなどという家族でも安心して参加することができます。
社会人になったり、家庭を持ってしまえば、あまり留学をするという機会は持てません。
行ってみたいと思っても、子どもを一人にできない、家族の世話をしなければいけない、仕事をしなければいけない、という感じで行く機会はどんどんなくなってしまいます。
しかし、親と子どもが一緒に留学すれば、そんな心配は無用です。
だからこそこの留学スタイルがおすすめなのです。
フィリピン人は英語が上手「せっかく子どもに英語を学ばせるのならば、ネイティブがいるアメリカやイギリスのほうがいいのではないか?」と思う親もいるかもしれません。
確かにネイティブの発音はきれいですが、フィリピン人の英語は最近では訛りもほとんどなく、きれいです。
彼らは現地語を話しますが、小学校の頃から英語で授業をうけているので、公用語として自由に使える人のほうが多いです。
日本でも地域によっては方言がありますから一概には言えませんが、セブ島のホテルや病院などでは流暢な英語を話す人がほとんどです。
しかも、フィリピンは物価が日本に比べてとても安いです。
なかでもセブ島は円高で物価が安く、日本の6分の1程度の費用で生活出来ると言われています。
日本では高くて買えなかったものや、受けられなかったサービスでも、セブ島であればお金をそれほど気にせず買ったり利用できる可能性もあります。
物価が安いということが関係して、フィリピンの語学学校の講師は優秀な人材が多く集まっています。
人を集めるために安い人件費で済むので、優秀な講師がフィリピン中から集まってくるからです。
講師の人数も足りているため、フィリピンはほとんどの学校がマンツーマンで指導してくれます。
グループレッスンだと進度がバラバラな生徒たちを相手にしなければいけませんが、マンツーマンだと講師は一人の生徒専用のカリキュラムを用意して授業をすることができるので、濃厚な学習をすることができます。
初めて英語に触れ合う子どもの場合はマンツーマンよりも少人数制のほうが合っているかもしれませんが、ある程度大きくなってくればマンツーマンの恩恵を受けられるようになります。
せっかくだから観光も楽しんでみようセブ島留学のもう一つの魅力は、観光です。
世界屈指のリゾート地なので、海でダイビングしたりなどといったマリンスポーツを存分に楽しむことができます。
子どもでも遊べるようなアクティビティが用意されているので、家族みんなで楽しんでみるといいでしょう。

« 前ページへ次ページへ »